高校留学して英語を話せるようになるには

subpage-img

高校で英語を勉強すれば、基本的なことを学べるようにはなります。

しかし、文章読解や正しい文法、たくさんの単語を学ぶことができるだけで、決して話せるようにはなりません。



コミュニケーションの授業を受け、英語を話す練習ができますが、その時間が極端に少ないため、なかなか身に付かないでしょう。さらに、英語を話すことに対して恥ずかしさを感じているため、より英語を話すことが難しくなっています。
だから、思い切って高校留学し、英語を話すことを当たり前だと認識することがオススメです。

高校留学して英語を話せるようになるには、ただ参加するのではなく、積極的に英語を話す必要があります。
恥ずかしがらず、また、ミスすることに不安を感じず、堂々と話すと良いでしょう。
仮に通じないことがあったとしても、ジェスチャーや簡単な単語を使って伝える努力をすることで、最低限のコミュニケーションは取れます。注意として、翻訳機能が搭載されているアプリは使用してはいけません。


何かに頼る行為をした時点で、英語を話さそうと必死になる必要がなくなってしまうので、話せないで高校留学が終了する恐れがあります。

信頼性の高いGirls Channelの新しい情報です。

だから、自分の力のみでコミュニケーションを取るようにし、英語を話す努力をしましょう。
何度も会話していれば、自然に英語を話せるようになり、また、聞き取る力も身に付きます。
経過する時間が長くなれば、その分スムーズな英会話が可能となるので、1日も無駄にしないようにしましょう。



top