高校留学で培えるものとつけられる英語力

subpage-img

高校留学を考える理由は様々です。


将来就きたい職に就く為にスキルアップしたい方、単純に英語力をつけたい方等、色々です。

まず、高校留学のメリットはその年齢に有ると言えます。


脳は若ければ若いだけ柔軟性が有り、歳をとるだけ柔軟性を損ない反対に価値観や考え方等、自分というものが固まっていきます。

柔軟性が有るこの時期に留学を考えるのは英断と言えます。

留学は人生の中で大きい経験です。



環境が人を変えると言います。

日本とは違う空気に触れる事により確実に変わります。

人によって変わり方は十人十色ですが例を挙げるならアメリカ留学をした場合行動力がつき、発想が自由になったり等です。勿論一概に言えません。
ですがまだ柔軟性が残っている時期に高校留学に行く事により得られるものは大きいと判断するには十分です。


例えば英語力を上達させる為に留学を考えるので有れば準備は一年位前が望ましいです。まず日本に居ながら話す英語を学ぶ事です。


海外留学で英語力が上達する人としない人の違いは下積みが有るか無いかの違いです。何においても実践で上達すると言われる背景には練習が有ります。

要は段階というものが有るからです。

例えば漢字を書く事でも同じです。

何の勉強もせずに文章を書こうとしても漢字一つ書けません。

ですが漢字を書く練習をすれば書けるようになっていきます。


ですがそれだけでは書きこなす事はできません。練習の次は実践です。


漢字における実践とは文章を手書きで作成できるようになる事です。

朝日新聞デジタルの分かりやすい情報はこちらです。

ここだけは練習だけでは培えない部分です。
忘れてしまう漢字、送り仮名を忘れてしまう漢字等が有ります。



ですが文章を書く事に慣れれば漢字を使いこなせるようになります。
覚える事と使いこなせる事は別物です。
英語でも同じ事が言えます。英語をまず覚えてから留学という英語を使う環境に行く事により英語を使いこなせるようになります。

これが留学における英語力上達の正体です。

top